2016年12月29日木曜日

硬い葉

Haworthia sordida, Kirkwood

安定して調子が良い株。そのせいなのかいつも深緑色です。

2014年春に交換で入手。入手時にメインだった葉はもう外側の下葉になりました。


Haworthia sordida, Haaspoort

こちらは黒い。2.5号ではきつくなったので鉢増し。


Haworthia sordida
Steytlerville産 × Addo産

葉挿しによる繁殖。1枚の葉から2株生えました。もう株が独立しているので近々植え替え予定。

そういえばこれの親にあたる株も元々はこれくらいのサイズでした。

こちらが親にあたる株。実生苗。以前、根が無くなりしばらく拗れていたことがありました。




今年最後の記事になりそうです。今年もいろいろありました。特に印象的だったのは夏の気候です。西日本は猛暑だったようなのですが、関東地方はずっと梅雨が続いているようなすっきりしない天気の日が多かったです。休眠しそうでしない植物、夏なのに生育が悪い植物などがあり、ちょっと面食らいました。一方、熊童子は夏にあまり弱らなかったせいか晩秋に初めて花が見られました。ハオルチアも夏に弱る株は殆ど無かったです。

よいお年を

2016年12月27日火曜日

Haworthia venosa ssp. granulata (Entrance to Verlatenkloof, near Sutherland. Ex-Charles Craib)

Haworthia venosa ssp. granulata
Entrance to Verlatenkloof, near Sutherland
Ex-Charles Craib

名前・採集地データはラベルの通り記載しました。Charles Craib由来の株だそうです。室内南向き窓際に移動したら葉が膨らみ始め、表側がオリーブ色っぽく変化しました。大体いつもは緑色かこげ茶色でした。


こういった色の変化は、H. tessellataでも起きたことがありました。深緑、モスグリーン(と赤トゲ)、茶色…と様々に変化しました。でも毎年同じ色になるわけではなかったです。まあ環境次第なのでしょう。


葉の裏はこんな色。この部分もそのうち緑色に変化すると思います。

2016年12月25日日曜日

2016年12月 キナンクムほか

Operculicarya decaryi

13年春播種うちに来て約3年。うちでは室内に取り込んでおくと殆ど葉を落とさないです。

かといって夏のように枝や葉が増えず、ほぼ止まっていてくれるので管理が楽。

まだ小さいのですが、もう見た目が木です。今年はとてもよく育ちました。


Orbeanthus hardyi

南ア産。新しい茎は明るい黄緑肌と黄斑ですが、しっかり日を当てて育てているとだんだん赤茶色に変わっています。遮光を強くしてちょっと伸ばすくらいにするのも面白いかもしれません。


Cynanchum macrolobum
Isalo, Madagascar PV1831

キナンクムが開花中。以前から何度か載せていますが、少し寒さに当てたらこんな色になりました。


茎も花もこの色は初めてです。


Cynanchum sp.
S Salary, Madagscar PV2355

白っぽい肌が特徴のsp.も開花。

花はC. macrolobumと良く似ています。性質もC. macrolobumと同じで強健。挿し木も容易です。

2016年12月24日土曜日

2016年12月 気温が高め

南向き窓際16時くらい

今週の関東地方、12月にしては異様に気温が高かったです。晴れた日の日中は春や秋の気配を感じる程でした。窓際で栽培中のハオルチアや南米サボテンの一部はやはり調子がよくて、根も動いています。他にもリチドカウロンやカラルマなどのガガイモで蕾を付けるものも出ています。12月前半に降雪があったものの、今年はいまいち12月っぽくない雰囲気です。ただ、おそらく年末年始は例年のように寒くなりそうです。

Haworthia scabra
De Rust

度々アップしているDe Rust産スカブラなのですが…


以前植え替えの際に根の先に真っ白な子株らしきものを見たことがありました。ついにちゃんとした子株が地上に出現。親株から少し離れた場所から、根から出ています。まるでニグラのようですが、スカブラもこういう増え方するんでしょうか?葉がなかなか増えないところは実にスカブラです。

Haworthia nigra
(ニグラD 特丸葉超ダルマ)

産地データが無いものの、なかなか良いタイプのニグラだと思います。
親株も子株も背が高くなってきました。

子株はこんな風に親株からちょっと離れた場所に出てきます。二年前の写真


Haworthia zenigata

朝10時頃撮影。葉の数が増えてきました。


まだ2年くらいしか栽培してないのですが、同じく白い疣のあるマキシマ系とか冬の星座などより作りやすいと感じています。ソルディダとかスカブラと同じ栽培環境で大丈夫みたいです。草姿が大きく崩れたり葉の先が枯れたりすることもありません(いまのところ)。






2016年12月16日金曜日

Aloe castilloniae, Itampolo, Madagascar

Aloe castilloniae
Itampolo, Madagascar

実生苗。トゲが際立ってきました。葉の表と裏にもトゲが出るタイプ。

↑2015年11月の写真。今見返すとこんなに幼い雰囲気だったか?と驚きます。
とはいえ、確かこの頃にはもう基本的な特徴は出ていました(子株も出ていた)。
以下、現在の写真。




厳つくなりました。子株が出たあたりから急に成長が加速したような気がします。


今の時期は窓際で硬ハオ等と同じ場所に置いています。環境によっては灰色っぽくなるとか…。

2016年12月15日木曜日

2016年12月 硬葉ハオルチア

Haworthia scabra
1992年輸入(F氏)、カキコ

ほぼ室内栽培に移行しました。うちではこの時期、窓際でハオルチアがそれなりに育ちます。


成長遅いです。この肌の質感は少しサボテンの牡丹類に通じるものがある。


上から見ると葉が巻き始めているのがわかります。

Haworthia sordida, Bluecliff

以前南アの某ナーセリーから購入した株(実生苗)。少しずつ葉の数が増えてます。

Haworthia maxima, Lemoenpoort

南アから輸入した株(実生苗)。輸入時は茎が棒状に見えるくらい間延びした酷い状態でした。
2年くらい栽培したら葉が更新されてずいぶんまともになりましたね。
Lemoenpoort産の固体は赤黒く色付きやすいようです。


上の写真の反対側。最近はこっちが日向なので一段と染まっています。

2016年12月13日火曜日

Ariocarpus kotschoubeyanus

Ariocarpus kotschoubeyanus
白花姫牡丹

久々に開花しました。白花姫牡丹と呼ばれるタイプです。


うちでは今の時期に咲くものがほとんどないので貴重な存在。




今回は5年ぶりの開花だったためとても興奮しました。地震で落下してから動きが止まり、さらにその後害虫に付かれたりして調子を崩していました。昨年の夏から表皮の色が変わってきていたので、復活の兆しは感じておりました。本種、関東平野部ベランダ園芸の我が家では、初夏から12月くらいまでが成長期のように思います。でも成長が遅いので正直なところ変化がよくわからないんですよ。数年前の写真と見比べると、なるほどと思うのですが。花期は晩秋~初冬で、以前咲いていた頃も、室内へ取り込んだ後に窓際で開花するというパターンでした。ちなみに後ろに映っているのは亀甲牡丹ヒントニーです。