2014年2月24日月曜日

2014年2月 SIGMA DP2xで


SIGMA DP2xで撮影
Euphorbia Hybrid
E. venenifica x E. gymnocalycioides
Thailand

昨年タイから接ぎ木苗を輸入しました。タイで多肉が人気なことは各所で耳にしておりますが、こんなマニアックな交配種まで作ってるんですね。こいつはフランコイシー交配種のように派手な感じでもありませんし。しかも、3~4年前には既に存在していたようです。生長期には楕円形の小さな葉が生え、ちょっとサボテンのMaihueniaにも似た姿です。性質はまだよくわかりませんが接ぎ木なのでそう簡単には枯れないはず。本属では久々の新入り。春からの生長に期待します。

Rhytidocaulon splendidum
Yemen, Type locality

ご覧の通り、鞘ができています。昨年秋頃、ハエが花粉を弄っている瞬間を見ていますので、ある程度予想はしていました。鞘は3週間でもう5㎝程になりました。本種はあまり強い日照を好まないようです。風があればそれほど気にしなくてもよいのですが、メジャーなR. macrolobumと同じように扱うと傷んでしまいがち。それにしても、ブラキステルマをはじめとして、昨年からガガイモが良く結実しています。他にも期待できるものがいくつか。

Deuterocohnia brevifolia
( Abromeitiella brevifolia subsp. chlorantha )
Northwest Argentina / South Bolivia

2枚目にも写っている地性ブロメリア。発根してしまえば、多肉より乾燥に強いと感じることもあるほど。妙に存在感があって好きなんですよこれ。枯れた下葉が露出している姿もなかなか良いなあと思いました。斑入りもあるそうです。うちの株は通常タイプだと思うのですが、時期によっては曙斑のように見えることがあります。5号くらいあった親は放出しまして、これは挿し木した株です。もうしばらく小さい鉢で栽培できそうです。

Aristolochia salvadorensis
El Salvador / Guatemala

Aristolochia salvadorensisの名で入手。A. salvadorensisA. arboreaのシノニムとされておりますが、花は違うみたいなんですよ。しかしこれ、開花させるためには相当大きくしないといけないのでは・・・。本種は灌木になるそうなので、蔓がごちゃごちゃになるという事はなさそうですが、既にうちの植物で一番大きいです。多肉ほど日照を必要としないので、置き場所はなんとか確保できています。夏は北向きの玄関前、それ以外の季節は室内の明るい場所で栽培。夏の玄関前栽培時、コツチカメムシやゴミムシなどの様々な虫が用土に潜り込んでいましたが、特に調子を崩すことはありませんでした。コツチカメムシは最初見つけた時、有名な黒い害虫かと思いました。ヨトウガが来なかったのは運が良かったのかな。

Othonna cacalioides
Namibia / RSA

オトンナの中ではあまり流通しない種です。昔は現地採集株が入ってきたそうです。この株は数年前にオークションで入手。日本で実生している方がいらっしゃるので、少しずつですが入手しやすくなっています。今年は堅作りを心掛けて栽培していまして、ただでさえ生長が遅いのにさらに遅くなっています。このペースですと、向こう3年くらいは2.5号で栽培できそうです。


大雪から数日後の池の氷。周辺の木から雪がたくさん落下したためか、氷が分厚くなっていました。関東平野で、特にアパート住人の多くは、私も含め雪かきの道具を持っていないわけで、除雪が大変でした。


ちょっと早いですが、先日、梅の花を見てきました。雪によるダメージはそこそこありましたが、元気に咲いています。 http://www.flickr.com/photos/95180587@N03/sets/72157641388965284/ 三脚&マクロレンズや望遠レンズで撮影している方が多い中、DP2xで撮影してきました。


我が家では、Pachypodium makayenseが咲いています。本種にしては早すぎる気がします。まあ、例年外に出す前に咲いてしまいまして、日照不足なのか水を控えめにしているせいなのか、花芽が垂れ下がってしまいます。今年は棚の最上段に置いたためか特に早く咲いてしまいました。来年は最下段に置いてみよう。


SIGMAが「dp Quattro」を発表しました。第一印象は、「防波堤」。この発表がきっかけで、あまり活躍の機会が無かったDP2xをよく使っています。私は小さな植物を撮影する事が多いので、次にDPシリーズを買うとしたら3になると思います。でもDP2xを使っていると、2の画角もなかなか良いと思えてきます。どうしても引き気味の構図になってしまうので、狭い部屋の中で小さな植物を撮影するのには向いていないかもしれませんが、そこであれこれ考えるのが楽しいのです。



2014年2月12日水曜日

NOKTON 58mm F1.4 SLII Nで...

久々に、コシナ Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII Nで撮影。各写真にF値を記載。

Sedum hintonii
f5

セダム ヒントニー(左)、冬~春はよく増えます。毛の生えた葉に惹かれ、多肉の栽培を始めた頃からうちにいます。よく増えるため、幾度となく譲渡しましたが、カットした花芽や小さな茎を挿し木すると、いつの間にか増えています。日当たりが良いと花付きが良いのですが、花が咲いた茎の大半は枯れてしまいます。でも、地表付近の茎は少し生き残っていて、そこからまた少しずつ増えているようです。

Brachystelma chlorozonum
RSA, Mapumulo
f5.6

昨年末の記事で紹介した、結実したブラキステルマ。以前、種子が販売されていたことがあるので、結実しやすい種類なのかもしれません。最近カイガラムシが発生してしまい薬剤散布を施しました。その後調子を崩しはじめ、根の動きが止まりました。早くから隔離していたので油断していました。秋頃から鉢に潜んでいたと思われます。この2月が正念場です。すぐに新しい根が出てくれればなんとかなりますが、かなり心配。

Othonna retrorsa
f1.4

たまに蜂の巣のような大株を見かけます。この株は国内実生株で、購入当時は枯葉ゼロの1頭でした。現在5頭になり、枯葉もそこそこ増えました。しかし、現地球のようなきれいな枯葉にならないのが悩み。黒ずんだり縮れてしまったりします。幅広の葉が出せてないのが原因の一つですね。でも、葉幅が広い個体とそうじゃない個体がいるようにも思います。葉が細い変種がいるという情報もあります(有名な某データベース)。

Haworthia decipiens var. minor
Sapkamma
f1.4

強健な小型ハオルチア。頂き物です。今の時期、日中は戸外直射日光下に置いています。良く増えますが、置き場所が狭いため子株はカットしています。見た目は癖のないふつーのハオルチアですが、野草的な雰囲気が妙に気に入っています。そんなに大きくありませんが、窓もなかなかきれいですよ→ http://www.flickr.com/photos/95180587@N03/11376732144/

Ariocarpus fissuratus subsp. hintonii Ariocarpus bravoanus subsp. hintonii
f2.5

亀甲牡丹ヒントニー、枯れてはいないが調子が良さそうでもないという状態が続いております。腐っている様子はありません。画像検索すると深緑の個体が多く、うちのは明らかにさえない色。このままゆっくり育ってくれるならよいのですが、枯れないか心配になってきたので、今年は少し環境を変えてみます。湿度を上げるのはなかなか難しいので、灌水頻度を上げてみます。それと、遮光率を高めにします。

Aeonium 黒法師
f7.1

ホームセンターにて、落ちていた枝を店員さんから頂いたもの。8号くらいに植えられた大株(ラベルは「サンシモン」)から落下したものでした。セダム ヒントニーと同時期からいるので、古参です。うちではこの時期、日中外に出して夜は取り込むという管理で調子良く育ちます。この生気に満ちたロゼットは本当に美しい。よく通る道の近くにガーデニングに凝っている庭がありまして、大きな黒法師を置いている時期があります。テラコッタ鉢に植えられていて、見事に庭と調和していました。素敵な植物です。

Pachyphytum oviferum
f5

一枚目の写真にも写っていた右の2号鉢は、星美人と×Graptoveria 'Amethorum'です。左の花芽を伸ばしているのも星美人。星美人は、小さい葉をから育てると、小さい実生苗とそっくりな期間が長くかわいい。アメトルムは植え替えの際に落ちた小さな葉を挿していました。それから数年経過したのがこの株で、ようやくそれらしい形になりました。これも、葉挿しに使った葉が小さかったこともあり、まだこんなサイズです。それにしても、このフラワーボックスにベンケイソウ科の多肉が並んでいる光景が新鮮で楽しい。夏の植物と色の系統が違いますし不思議な感じ。

2月8日は、うちの近辺でもかなり雪が積もりました。


2014年2月2日日曜日

2014年1月~ 硬葉

硬葉ハオルチア中心に最近の出来事。

 Gasteria 臥牛

この個体は、大きくなると白い模様がはっきり出てくると聞いています。海蛇という名前があるタイプ・・・だったような。本来の特徴が出るのはまだ先でしょう。もうしばらく2.5号で我慢してもらいます。

Haworthia 鬼瓦

先日植え替えて子株を全て外しました。現在3号鉢。今後は仔吹きしたらカットして、単頭で育てていきます。


鬼瓦はどれくらいまで大きくなるのでしょう?直径はこれくらいが最大だろうか。

Haworthia scabra var. scabra (Haworthia scabra var. morrisiae)
De Rust

先日植え替え。どこに置いても通年緑色のスカブラです。De Rust産。よく見たら、根の先に白い物体が見えまして、これはどうやら芽のようです。最初、軽石かと思いました。


スカブラって、根の先から仔吹いたりするのでしょうか?Twitterでも指摘を受けました。H. nigraはこんな風にランナーで増えていきますね。でも、何かと交配しているようにも見えません。

Haworthia scabra (Haworthia tuberculata var. subexpansa)

この間購入した新入りのスカブラです。葉の形状に個体差がそこそこあるようです。疣が細かく上品な感じ。


3方向に折り重なるように葉を展開する個体を何度か見たことがあります。この株はそういうわけでもないみたい。葉幅はけっこう広いようです。細くならないようにしたいですが、どうなるかなあ。

Haworthia scabra ES3785
S. Avontuur

以前輸入したスカブラ。販売時、実生苗7年目という説明がありましたが、本当だろうか。うちに来てから葉が1枚だけ増えました。同ナンバーでも何タイプかあるようです。 Haworthia scabra

Haworthia sordida
Steytlerville産 × Addo産

去年の夏に灌水の調整をミスして根が消失、下葉が傷みました。その際何枚かむしった葉の一つがわりとしっかりしていたので、もったいないので捨てずに保管していました。


この間、掃除をした際に捨てるか迷いましたが、一度やってみようということで、表土に赤玉土微粒を使っていた鉢に挿してみたところ、発根しました。


そういえば葉挿しは随分ひさしぶりです。初めて葉から発根したときの感動を思い出しました。こういう出来事は、多肉植物栽培の醍醐味の一つだと思います。無事に育ってくれるといいなあ。


本体の方は、夏が終わってから根が復活し、調子を取り戻しました。ですが、やはり葉が減ってしまったので、ちょっと貧相な姿になりました。気長に作りなおします。


最近Pentax Q7というとても小さなミラーレス一眼を購入しました。
この記事の写真のほとんどはQ7と01 Standard Primeというレンズで撮影しています。扱いが楽で気軽に撮れて写りもなかなか良い。